支部長あいさつ

就任にあたってのごあいさつ

2021年4月に日本防災士会群馬県支部長に就任させていただきました。

2007年に23人でスタートした県支部は現在、130人(団体会員70人)と大所帯になってまいりました。群馬県支部創設時より副支部長として、丸尾氏、飯塚氏の下で活動してまいりましたが、今後は皆様のお力をおかりして、大所帯となりました県支部のより強固な組織化を図り、群馬県支部会員の連携も充実させてまいりたいと思います。

そして、行政と連携、協働にも力を入れ、群馬県民の「安全神話」ではなく、本来の安心安全な地域づくり「福祉と防災を一体」としてとらえていきます。また、平時から地域の中で顔の見える存在として、災害時の迅速な避難、避難誘導ができるよう、会員のスキルアップや情報共有にも注力していこうと思っております。

むすびに、会員の皆様のより一層のご理解・ご協力のほどを重ねてお願い申し上げます。

日本防災士会 群馬県支部  支部長 赤羽潤子

タイトルとURLをコピーしました