防災士とは

防災士とは ”自助” ”共助“ ”協働” を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待されそのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災士機構が認証した人です。

防災士基本理念

1.「自助」~自分の命は自分で守る~
自分の安全は自分で守るのが基本です。まず、自分の身のまわりの備えを行い、防災・減災に関する知識を技能を修得し、絶えずスキルアップに努めます。

2.「共助」~地域・職場で助け合い被害拡大を防ぐ~
個々人の力には限界があります。地域・職場の防災力を高めるため、日頃から近隣はもとより、地域や職場の人たちと協力して、防災・減災のための啓発活動に努めます。防災士は、それぞれの現場の状況に対応してリーダーシップを発揮し、その活動の中核となることが期待されています。
まわりの安全が確保され、余裕があれば、進んで地域・職場で救護・支援活動に取り組みます。

3.「協働」~市民・企業・自治体、防災機関等が協力して活動する~
日頃から地域の防災コミュニティの形成に積極的に参加し、防災・減災に関わる多様な組織、団体
との連携を心がけるとともに地域密着した防災意識の啓発、防災訓練等の活動を通じて、お互いに
顔の見える関係をつくり上げ災害に対する事前の備えがある地域社会づくりに貢献します。
また、大規模災害被災地への救援・支援活動については、「助け合いの精神」のもと可能な範囲で同志を募り、ボランティア活動を行うことが期待されます。

 

防災士の役割

大震災をはじめ各種の災害が発生している今日の状況下、大災害が発生した場合その規模が大きい程公的な支援は遅れる現実に対応して自衛隊や消防が到着するまでの間、防災士の活躍で生命・財産の被害軽減ができるよう、実際的な知識と技術の発揮がされることを目的としている。
防災士は、平常時は大災害に備えた救援活動の練磨、防災知識スキルアップを目的に各種研修会を参画しています。また、災害時には地域住民と連携して避難誘導・避難所の運営などにあたり、地域自治体など公的なボランティアを協働して活動します。

タイトルとURLをコピーしました